就職・教育支援の『NPO法人 日本人材教育協会』


 

福祉サービス 第三者評価

NPO法人日本人材教育協会の第三者評価の評価方針

  • 福祉サービス提供事業者の皆様が、事業を一層発展させ、利用者の希望に応えるサービスの向上が図れるようサポートします。
  • 福祉サービス提供事業者の皆様が、「大切にしている考え方や方針」の実現を中心とし「気づき」を大切に評価いたします。
  • 福祉現場を熟知した専門スタッフと組織運営のマネジメント経験者が3 名以上で総合的に評価いたします。
  • 公平で中立な第三者の立場から、専門的・客観的な立場で、誠意をもって評価いたします。

福祉サービス第三者評価について

東京都福祉サービス第三者評価の目的は、利用者のサービス選択および事業の透明性確保のための適切な情報提供と事業者の皆様のサービスの質の向上に向けた取組みへの支援です。
そして、利用者本位の福祉サービスを実現することです

福祉サービス第三者評価のメリット

○利用者のニーズの把握
利用者調査を行うことで、潜在化した利用者の評価や意向を把握しやすくなる。

○事業改善のためのヒントが得られる
評価プロセスや評価結果などを通じて、それまで気がつかなかった“気づき”を発見することができます。組織内で共有することで、事業改善を進めることができます。

○提供しているサービスの特徴をPRできる
利用者やご家族、また地域社会の皆さんに、独自のサービスの特徴を知らせることができ、理解していただくことができます。事業者の考えや取組みをPRできます。

○第三者評価受審事業所として信頼性が高くなる
第三者評価を定期的に受審している事業者として認知されることで、利用希望者からの信頼性が高くなり、選択される可能性が 高まります。

評価方法と内容

東京都第三者評価は、次の2種類の方法により実施します。

〔利用者調査〕

  • 利用者の意向や満足度の把握のため、意見を聞く。
    調査方法は、アンケート方式や聞き取り方式など、サービス種別により、調査の方式や内容は異なります。
  • 目的:利用者の、サービスに対する意向や満足度を把握します。
  • 対象:原則として、利用者の全数を対象とします。
  • 調査票:機構が提供する標準調査票について、共通評価項目の内容に則って、独自に工夫をしています。
  • 項目:共通評価項目を必ず取り込みます。
  • 方法:共通評価項目による利用者調査の方式には、「アンケート方式」と「聞き取り方式」「場面観察方式」の3つの方式がありますが、このいずれかの方式を利用者の状況に応じて使い分け、利用者に合った方式を選択して調査します。
  • 公表内容:「とうきょう福祉ナビゲーション」(福ナビ)により、インターネットを介して、共通評価項目の集計値・コメントを公表します。
  • 利用者のプライバシーを保護します。
  • 利用者調査結果の活用をはかります。

〔事業評価〕

  • 組織経営や事業運営の評価:事業者の組織体としてのマネジメント力および現在提供しているサービスの質がどのような状態にあるかを把握し評価する。
  • 提供しているサービスの内容の評価:現在の利用者のサービスに対する意向や満足度を把握し評価する。

具体的には、

1)事業プロフィール
2)組織の経営やマネジメント(組織マネジメント分析シートにより実施)
3)サービスの内容や質(サービス分析シートにより実施)

であり、経営層や職員全員に自己評価を行っていただきます。

  共通評価項目(カテゴリー)
1 リーダーシップと意思決定
2 経営における社会的責任
3 利用者意向や地域・事業環境の把握と活用
4 計画の策定と着実な実行
5 職員と組織の能力向上
6 サービス提供のプロセス
 1 )サービス情報の提供
 2) サービス開始・終了時の対応
 3) 個別状況に応じた計画策定・記録
 4) サービスの実施
 5) プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
 6) 事業所業務の標準化
7 情報の保護・共有
8 1〜7に関する活動成果

評価者の募集

福祉サービス第三者評価についてご興味がおありでしたら、私たちと一緒に仕事をしませんか。
詳しくは、事務局までお問い合わせください。
Eメール:jhe-support@kud.biglobe.ne.jp

<お問い合わせ先>
NPO法人日本人材教育協会
東京都渋谷区神宮前2-33-8 原宿ビューパレー2階
TEL 03-5785-3611 FAX 03-5785-3612
Eメール:jhe-support@kud.biglobe.ne.jp