ピンクダイヤモンドについて

ピンクダイヤモンドについて


ピンクダイヤモンドとは
 ふつう「ダイヤモンド」といえば、無色透明のものを思い浮かべるでしょう。
 しかし、中には色のついたダイヤモンドもあるのです。「カラーダイヤモンド」と呼ばれるものです。
 その中でも、ピンクの色のついたダイヤモンドが特に「ピンクダイヤモンド」と呼ばれます。
 
なぜピンクになるのか
 自然の中で、どのような作用でダイヤモンドがピンク色を帯びるのか、いまだ科学的に十分に解明されていません。
 ダイヤモンドの結晶は、4個の炭素原子が結合して正四面体を形成しています。
 これがすべて規則正しく並んでいると、ダイヤモンドの結晶はすべてのスペクトルを吸収するので、無色透明になります。
 しかし、炭素以外の原子が結晶格子の中に混入したり、なんらかの熱、圧力、放射線などにより結晶構造にゆがみが生じたりすると、
 ダイヤモンドは一部の光だけを吸収しない性質になり、色を帯びるようになるといわれています。
 ダイヤモンドは、含まれる窒素原子の量に応じてⅠ型とⅡ型に分けられます。そのそれぞれがさらにaとbに分類されます。
 ダイヤモンドのほとんどがⅠ型で、窒素原子を多く含むⅡ型が少数派になります。
 ピンクダイヤモンドのほとんどは、このⅡ型、特にⅡ型のaに存在するといわれています。
 こうしたことから、窒素原子がピンクダイヤモンドになんらかの影響をおよぼしていると推定されますが、
 どのようなメカニズムでピンク色を発するのかについて、十分に科学的な説明にはいたっていません。
 
ピンクダイヤモンドの希少性
 そしてピンクダイヤモンドは非常に珍しいものでもあります。
 天然のピンクダイヤモンドの産出量は、天然ダイヤモンド全体の中で、わずか0.01%にすぎません。
 その稀少性のゆえに、カラーダイヤモンドは、同じ重さ、同じカット、同じ透明度であっても、
 無色透明のダイヤモンド(ホワイトダイヤモンド)よりも高額で取り引きされます。
 ピンクダイヤモンドもそのひとつで、たとえば2013年、サザビーズがジュネーブで開いたジュエリーオークションで、
 約60カラットのピンクダイヤモンドが7630万スイスフラン(約83億円)で落札されました。
 また、1998年、ニューヨーク・クリスティーズでは、13カラットのホワイトダイヤモンドが66万7550ドル(約7500万円)で落札されたのに対し、
 3.2カラットのピンクダイヤモンドは118万9500ドル(約1億3400万円)で落札されています。
 このように、ピンクダイヤモンドは非常に稀少であるため、たいへんな高値が付きます。
 
今後はさらなる高騰も
 世界に流通するピンクダイヤモンドのほとんどは、オーストラリアのキンバリー地方にある世界最大のダイヤモンド鉱山、アーガイル鉱山から算出されます。
 そもそもピンクダイヤモンドが初めて採掘されたのが、このアーガイル鉱山においてであり、1979年のことでした。
 そのアーガイル鉱山ですが、2018年に閉山することが決まっています。
 ピンクダイヤモンドのほとんどを生産しているアーガイル鉱山が閉山となりますと、ピンクダイヤモンドの稀少性はさらに高まり、
 価格もいっそう高騰することが考えられます。
 

おすすめの商品

 エンゲージリング PT プラチナ ピンクダイヤモンド

 白鳥が羽を広げたようなデザインの指輪、
 0.346ct Dvs1 EXT カット
 キレイなメレーダイヤモンドが3石づつ左右に、
 その先端に可憐なキレイな ピンクメレーが留められています。





 

 婚約指輪 天然ピンクダイヤモンド

 大きめの希少価値のピンクダイヤモンドをセンターにつけたデザイン、はっきりしたピンクです。
 王冠のゴージャスで素敵なデザインです。
 ピンクダイヤ好きな方に、この大きさ・色はお勧めです。





 

ピンクダイヤモンド

ピンクダイヤモンドの商品一覧はこちらです。











 

 ピンクゴールド

 ピンクダイヤマリッジリングの商品一覧はこちらです。